読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

gitのSmart HTTPをplackupでなんとかする(未完)

Perl git

gitがHTTP overで使えるのは誰でも知ってると思うが、いわゆるフツーのgit + httpは、リポジトリがでっかくなるとおっそくなるのでそういう場合はSmart HTTPというのを使うのがベター、ということになっている。

Smart HTTP
http://progit.org/2010/03/04/smart-http.html

上の記事からさらにリンクを辿ると、

git-http-backend
http://www.kernel.org/pub/software/scm/git/docs/git-http-backend.html

に行って、Apacheの設定例とか書いてあるわけだが、gitをhttpで公開するためだけにApacheをhogehogeするのがしゃらくさい時もあるだろう。そのサーバで色々な人がApacheを共用しててあーなんだかもうめんどくせー!全員どっか行け!という時もあるだろう。猫も連れていこう。好きにやればいい。

そういう時にApache先生の力を借りずとも、.psgiをホゲホゲっと書いてplackupして済んだら何て素晴らしいんだろう。まるで夢のようではないか。

と思っていたら一瞬で出来たっぽい。

http://gist.github.com/1102845

認証したい場合はmiddlewareかませばいいし、daemonにしたい場合は好きにやればいい。

Plack++




…と思ったらこれじゃpushできねーじゃねーか!pushはDAVのPROPFIND methodになっちゃうの?うーん…