読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

スライド上げた

http://www.slideshare.net/zentooo/perljavascriptandroid

ちょっと前に社内の勉強会で発表したslideを、せっかくなのでslide shareにあげときました。なんか最近ソーシャル化してることでもあるので。

忙しいアナタのために要約を書いておくと

  • JSでコールバック地獄とかありますよねー
  • あれって実は1 thread & 1 processなモデルで、どの場所でもblockするような処理を書けないから起こることなんですよねー
  • 例えば、UI threadじゃないbackground threadに処理を委譲してのちUI threadに処理を戻せるのでもっと簡単に書けたりするんですよねー
  • UI thread -> background thread (ここでblockするような処理をモリっとやっちゃう) -> UI thread みたいな書き方でも実はそこまで困らんのですよねー
  • もちろんbackground threadの処理に時間かかっちゃうとブロックしないとはいえユーザへのレスポンスが遅くなるので、結局DeferredあるいはPromiseみたいなパターンは頑張る場合は必要ですよねー
  • JSでもWeb Workerがどの環境でも使えて、もっと気楽にブロックするような処理を書きつつプログラミングできるといいですねー

みたいな。かんじ。