愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

年末に読んだ本 (2016-2017)

旅行もしくは帰省するときは、荷物が増えるのが嫌なので紙の本ではなくKindle Paperwhiteを持っていくことにしている。

で、新幹線の中で退屈しない読み物がほしいなーと思って舞城王太郎を選んだ。

世界は密室でできている。 (講談社文庫)

世界は密室でできている。 (講談社文庫)

「世界は密室でできている。」は主人公の親友ルンババが名探偵役となり、様々な密室の謎を解き明かしていくストーリー…なんだけども、とにかく展開が早い。

事件が起きたと思ったらほぼその次の瞬間にルンババが解決してしまう。だからといってカタルシスがないかといえばそうでもなく、謎が生まれ解決されていくそのスピード自体がカタルシスを生む。

進撃の巨人も割と展開が早い漫画だと思うが、僕はああいう風に出し惜しみをせずどんどん伏線を回収していく作品が好きだ。その逆に、何年越しで伏線を回収してスゲー!とか言われている作品にはあまり感心しない。ワンピースとか。

「世界は密室でできている。」がミステリに属するのか否かはよく分からないが、ミステリのお作法なんてどうでもいいと思っている。面白ければいいのだ。

煙か土か食い物 (講談社文庫)

煙か土か食い物 (講談社文庫)

これ、舞城王太郎のデビュー作らしい。なるほどなあ。冒頭がカタカナの多いライト小説っぽくて馴染み辛いかと思ったが、すぐ主人公がアメリカから日本に戻ってきて読みやすくなった。

これもミステリ的な筋立てではあるのだが、全体としては主人公とその家族のサーガ的な小説。なぜだか、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を思い出した。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)

主人公の無力感とか、世界の見え方が似ていると言えば似ているのかな。感覚的な話にしかならないけども。

阿修羅ガール

阿修羅ガール

「阿修羅ガール」は、話が別世界に飛ぶところで脱落。

ストーリーが中断されたり過去に行ったり別の話に飛ぶ小説が嫌いというわけではなく、むしろそういった趣向は好物とさえいえるのだけど、これが合わなかったのは完全に別の話が始まるのではなく「それまでのストーリーの続きの比喩」的な読み方をしなきゃならないのかな?という部分にひっかかったから?なんだか読むモチベーションが削がれてしまった。

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

これは親父が貸してくれたので読んだ。トッド先生は相変わらずトゥルー知識人という感じで、尊敬できる。このようにデータに基づいて社会について語れる人は少ない。

宿屋めぐり (講談社文庫)

宿屋めぐり (講談社文庫)

町田康の描くネオ時代劇。変に内省的で饒舌な主人公が、語彙の上ではほぼ現代と同じになっている江戸時代(?)をプラプラするストーリー。そういう意味では「パンク侍、斬られて候」と同じ。

これも明らかに時代劇という枠を超越した作品なので、真面目なそれを期待して読まないほうがいいだろう。町田康のスーパー饒舌体には、読んでいる人間の思考を侵す力がある。こちらが考える前に主人公が考えてしまうというか、考える間を与えないというか。考えるというのも言葉の働きなので、特定の言葉づかいをしていると同じようなことを考えるようになる…といっていたのは高橋源一郎だったか。とにかくそういうことである。