読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

拝啓 プログラマー35年定年説について

プログラマー35歳定年説なんてゲーム脳並みに信用できない言説なのは火を見るより明らかなので今更それを否定する気も起こらないのですが、一応。

日本のITゼネコン構造とかエンジニアの待遇とか移り変わりの激しい業界だからとか諸説ございますが、僕が思うのは、そもそもプログラマーっていう職業が成立したのって何年前の話だよと。特に今僕が属しているところのWebプログラマーなんてどれだけ職業としての歴史が浅いんだと。

これだけ歴史の浅い職業について「35歳定年」みたいな一般法則を見出すことそのものがアホらしいだろうと。

お前は200年前からプログラマーという職業があったかのような気分でそれを語っているのではないかと。

こんなうら若い職業なのだから、全ての個人が、自分の前につらなる自分だけの細い道を、自分で見つけていく他、どうしようもないだろうと。他の人のキャリアプランなんて、参考にはなれど自分がその通りに歩むことなんてそもそもあり得ないだろうと。

自分で道を探さなくてはならないのに、人がかつて通った道がまだあるだろうと勘違いしてしまうのは危険だ。