読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

角川のKindle本が70%セールらしいので、ちょっとシックにお勧めをまとめてみる

皆さんアフィリエイトで忙しいことですね!チョリース!

せっかくなので、最近の流行り本ではなく少々シックに選んでみよう。自分でフィルタリングしたい方はこちら。Amazon.co.jp: カドカワのKindle本・Kindleコミック: Kindleストア

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

これは、前から読みたかったので俺が買った。

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

貴志祐介は、息の長い作家だ。僕は中学の時までしか読んでいないのでクラシックなものしか知らないが、これは面白かったので内容を覚えている。クローズドサークルでの殺し合いとか好きな人にはいいかも。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)

一応ラノベというジャンル分けらしい。人ならざるものに一度は近づきながらまた人の世界に戻って来る、主人公の兄貴を楽しむための本。つまり兄貴萌え本。ついでに主人公と友達の女の子。友達の女の子が魚っぽいので、ポニョを思い浮かべながら読むといい。

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

他人の価値観に迎合できない少年少女をみてほっこりするための本。

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫)

ドグラ・マグラ(下) (角川文庫)

日本三代奇書の一つ。多分みんな買っても最後まで読めないと思う。じゃあなんでお勧めとしてここに書くのか…それが、ドロヘドロ!

魔界転生(上) (角川文庫)

魔界転生(上) (角川文庫)

エログロSF時代劇作家である山田風太郎先生の最高傑作にして、「十」という漫画の原作。なのでエンターテイメントの塊。俺は、もったいぶった司馬遼太郎よりここまで荒唐無稽に振り切ってくれる山風先生の潔さが好きだ。

野火 (角川文庫)

野火 (角川文庫)

あ、やべえ。これは多分この記事の中でもっともいい本。なんでレビューついてないのかな。これは戦争を描いた小説だが、戦争を批判するために書かれた本でもなければ、戦争を賛美するために書かれた本でもない。そのジャンルにおける一つの金字塔なのだ。

なんか思ったより「これだ!」と思う本が見つからなかったなーというのが本音。