読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と勇気と缶ビール

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいか

Martiniでtemplateのデリミタがclient sideのそれと被るのを回避する

golang

最近、「個人プロジェクトだし、別にどの言語で書いてもいいや」というようなものについては試しにgolangで書いてみることが多くなった。単なる素振り。

で、それがWebアプリである時は codegangsta/martini · GitHub を使うわけだが、これに限らずgolangのtemplateではmustache的なアレ ( {{ }} のこと ) がデリミタであるのが基本である。

client sideのtemplateが同様のデリミタを採用していると爆死するので、このように回避する。

    m := martini.Classic()
    m.Use(render.Renderer(render.Options{
        Layout: "layout",
        Delims: render.Delims{"[[", "]]"},
    })) 

martiniを使ってない場合、特に組み込みのtemplateをそのまま使っている場合は、まあドキュメントでも自分で読んでくれい。